ホーム
各院へのアクセス
予約(電話)
メニュー
大宮区天沼院048-642-4171
見沼区御蔵院048-681-1565
上尾院048-783-2422
草加院048-948-7308
フリーダイヤル0120-012-911
大宮区天沼院紹介
見沼区御蔵院紹介
上尾院紹介
草加院紹介

捻挫・肉離れ

皆様お怪我をされた時はどのように対応していらっしゃいますか?

まず第一に、患部に対し、行っていただきたい事をお知らせいたしますね!
一般的にかつては「RICE」処置とされていました。
最近では「PRICE」処置と言われています。
「P」Protection(保護)
「R」Rest(安静)
「I」Ice(冷却)
「C」Compression(圧迫)
「E」Elevation(挙上)

ただし、
最もよくないのは自己判断で終えてしまう事です。
固定も安易な固定や誤った固定をそのままにすることにより、症状を残すことになったり、
「歩けるから」
「腫れが少ないから」
といって、自己判断して、骨折を見誤った場合、骨折の癒合期間が遅れたり、ズレたまま固まってしまい神経を傷つけたり、手術しなくてはならない状態になってしまっていたり、これまでも色々な方に出会ってきました。

正しい処置が、負傷後1日遅れるとその約3日治療期間が遅くなるとも言われています。2日遅れると約6日・・・適切な処置をいち早く行うことが、一番ベストといえますね!

埼玉県さいたま市(大宮区、見沼区)、上尾市、草加市の「くまのみ整骨院・整体院」では整形外科でのご受診が必要か否か、ご相談だけでも喜んで承ります!ご診断後のリハビリに対してもご安心してご通院いただけるよう、最適な治療内容をご提案させていただきます。
「くまのみ整骨院・整体院」には、スポーツの第一線でご活躍されているプロやトップアスリートが実際に治療や日々のメンテナンスで使用している治療器をご用意させていただいており、お怪我をされた方の早期回復にお役立ていただいております。

特にお怪我に関しては1日というものが大変、大切になってまいります。また、骨折ともなれば、「仕方ないか」と、安静、固定、通院を計画通り行い、良い経過をたどりやすいのですが、捻挫や肉離れ、打撲となると安易に捉えてしまう傾向にあり、結果、骨折でしっかり管理できている方よりも、捻挫や肉離れ、打撲の方のほうが治療期間が長くかかってしまうことは、非常に多くあります。
「くまのみ整骨院・整体院」には、整形外科勤務経験、10年以上の臨床経験のあるものや、プロのアスリートとともに経験を積んでいる柔道整復師が在籍しております。固定期間や治療計画、リハビリ、運動や部活などの競技復活などお気軽にご相談いただければと思います。

各種傷害保険、スポーツ保険も取り扱いしておりますので、こちらに関する内容でもお気軽にご連絡、ご相談ください!!

捻挫ってどんな状態?

捻挫とは
関節が外力を受けて、本来の関節の運動範囲を超えて過度の運動を矯正された場合に生じた関節の損傷状態をいい、主に関節を保護する役目である「関節包」や関節を守る「靭帯」の損傷を言います。

たとえば、、、

  • スポーツなどで止まり切れず足をひねってしまった。
  • お子様の抱っこや買い物の荷物を持ったり、顔を洗う際に腰をかがめて腰を痛めてしまった。
  • 朝起きたら首がうごかなくなった。

足関節は捻挫の約80%を占めますが、他にも膝関節、肩関節、手関節、股関節、体幹部では、腰や首も過剰な負荷がかかることで捻挫を起こすことがあります。
捻挫は良く癖になると言われていることが多いですが、適切な処置、期間、リハビリが伴えば、癖になることはほぼありません。
 ですが、競技の特性、身体の歪みにより特定の負荷がかかる場合、同じ負傷をし得ることはありますので、
くまのみ整骨院では、お怪我をされた、捻挫の処置だけではなく、根本的に
・何が悪いのか?
・どんなことに気をつけたらよいのか?
・どんな身体づくりをすればよいのか?
あなたにどんなことが最善なのか、親身にお伝えすることができます。

肉離れってどんな状態?

肉離れとは
急激に筋肉(骨格筋)が収縮した結果、筋膜や筋線維の一部が損傷している状態を言い、直接的な外力による「打撲」とは異なります。
自家筋力の強力な筋収縮(ちぢむこと)により筋肉の部分断裂がおこる。発生要因として、筋肉の疲労、過去の損傷、ウォーミングアップの不足、急な気候の変化、体調不良、筋力のアンバランス、柔軟性の欠如などが考えられる。
また、高所からの着地や、急な走り出し、など、筋肉が働き縮もうとする力と、強制的に伸ばされようとする力が同時に働いた場合に起こり得ます。

たとえば、、、

  • 短距離や急いでいる時に走り出した時。
  • 高所から飛び降り、着地した時
  • ストレッチ不足に伴う柔軟性不足な状態での運動

肉離れは、組織の断裂が起き、それを補う組織が、損傷の程度や、処置の仕方で、壊れやすい組織であったりすることがあるので、誤った判断をしてしまうと、とても再発しやすいものです。

埼玉県さいたま市、上尾市、草加市の「くまのみ整骨院・整体院」では必要に応じて、固定具や、包帯固定、テーピング処置、高度の捻挫や骨折が疑われる場合などには、ご紹介させていただくことが可能です。

また、治療に関しては、より早く日常生活や、競技復活ができるように、スポーツの第一線でご活躍されている方々が実際に怪我の際や、メンテナンスの際、使用されている超音波治療器や高周波治療器を用意しており、ご提案させていただいております。

お問い合わせ

トップに戻る