ホーム
各院へのアクセス
予約(電話)
メニュー
大宮区天沼院048-642-4171
見沼区御蔵院048-681-1565
上尾院048-783-2422
草加院048-948-7308
フリーダイヤル0120-012-911
大宮区天沼院紹介
見沼区御蔵院紹介
上尾院紹介
草加院紹介

さいたま市で整体治療なら くまのみ整骨院 > Blog記事一覧 > 腰痛 > 暑くても、ぎっくり腰にはご注意を!

暑くても、ぎっくり腰にはご注意を!

2013.08.12 | Category: 腰痛

暑い日が続いています。


昨夜は、30℃切らない熱帯夜になったみたいですね。


そんな暑い中でも、くまのみ整骨院は元気に活動中です!


今日は御蔵院の小安が担当です(^^)v



「ぎっくり腰」というと冬の寒い時期に起こるイメージが多いですよね。


でも夏でも、ぎっくり腰は


自宅で家事をしたり、運動をしたり、物を持ち上げた時などに突然起こる事はあるんです(; ・`д・´)


それは、疲れからだったり、筋肉の張りからだったり原因は様々です。


ですが、


筋肉が傷ついて炎症が起こっていることには変わりはありません。


このぎっくり腰が起こった時に


自宅で気を付けて頂きたいことを今日はお伝えしようと思います。


<ぎっくり腰の時の注意事項>


1、痛めたその日は湯船につからない。(炎症を悪化させてしまう可能性があります)


2、うつ伏せで寝ない。寝るときは痛む側を上にして横向きに寝ましょう。


3、食事や幼児以外ではイスに座らず、横向きの姿勢で寝て、安静にしましょう。


4、幹部を氷のうなどで冷やしましょう。


くまのみ整骨院では


ぎっくり腰のツラさを早く回復させる電圧の治療器があります。


痛みを我慢せず、お早めにくまのみ整骨院へご来院くださいね(/・ω・)/


 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

トップに戻る