ホーム
各院へのアクセス
予約(電話)
メニュー
大宮区天沼院048-642-4171
見沼区御蔵院048-681-1565
上尾院048-783-2422
草加院048-948-7308
フリーダイヤル0120-012-911
大宮区天沼院紹介
見沼区御蔵院紹介
上尾院紹介
草加院紹介

睡眠 安眠 by院長

2014.02.24 | Category: 腰痛

先日のお休みに寝具を新調しようと思い、

布団屋さんめぐりに行ってきました!

理想的な寝姿勢は、立っているときと同じ

ゆるやかなS字カーブを保持した状態で

あると言われています。

例えば、柔らかすぎるマットレスに寝れば

重たいお尻が沈み込み、体がくの字に

曲がっしまいます。逆に硬すぎる

マットレスでは、肩甲骨やお尻などの

出っ張った部分だけで体を支えることに

なり、腰が浮いてしまいます。

しかも、凸部分には得に圧力が

かかるため、血流が阻害されやすく、

この体制が長時間続けば腰痛などの

不具合も生じやすいです。

理想的なS字カーブを保持するためには、

体の圧力を一点ではなく全身にバランスよく

分散させる『耐圧分散性』と同一姿勢による

体の硬直を防ぐ『寝返りのしやすさ』を

考慮した寝具を選ぶ必要があります。

日本人の平均睡眠時間は約6~7時間。

一日の約4分の1を睡眠費やしています。

 

多種多様なマットレスがありますが、

まずは実際にショウルームなどに足を運んで

試して自分の体に一番しっくりくるものを

選びましょう!

 

お問い合わせ

トップに戻る