ホーム
各院へのアクセス
予約(電話)
メニュー
大宮区天沼院048-642-4171
見沼区御蔵院048-681-1565
上尾院048-783-2422
草加院048-948-7308
フリーダイヤル0120-012-911
大宮区天沼院紹介
見沼区御蔵院紹介
上尾院紹介
草加院紹介

さいたま市で整体治療なら くまのみ整骨院 > Blog記事一覧 > むち打ち治療,交通事故の治療 > むち打ち症状 意外な症状 うつ症状 自律神経失調症

むち打ち症状 意外な症状 うつ症状 自律神経失調症

2014.03.12 | Category: むち打ち治療,交通事故の治療

今日は御蔵院の四熊が担当します。

むち打ち症状で引き起こされる意外な症状について書きたいと思います。

むち打ち症状は、首の筋肉や靭帯、関節包の損傷により引き起こされるもので、動かすことで激しい痛みを伴います。


そして、首にはしる神経は脳と密接に関係しているため状態によっては、

自律神経失調症やうつ病、パニック障害などの一見すると関係がなさそうな症状を引き起こすことがあります。


むち打ち症状の自覚症状が現れるのは、交通事故にあってから、

だいたい三日くらい経って強くなるということが多いのですが、一週間後ということもあるようです。

そうなると、自身も交通事故と関係があると考えないで整形外科以外の科を受けてしまいまず。

これで、うつ病とでも診断されてしまったら、その症状を抑える薬の処方を受けて一時的に症状の改善するかもしれませんが、これでも根本的な回復にはなりませんよね。


なので、皆さんも交通事故に遭ってから数日してからも気分的な変化などにも、十分に気を付けて下さい。

痛みの症状自体も、交通事故に遭った直前ですと興奮状態になることで自覚が遅れることもあるので気を付けて下さい。

直前に診察を受けて、何にもないと感じていても後から現れることがありますからね。

 

くまのみ整骨院

<天沼院>

さいたま市大宮区天沼町1-615

℡048-642-4171

 

<御蔵院>

さいたま市見沼区御蔵75-1

℡048-681-1565


お問い合わせ

トップに戻る