ホーム
各院へのアクセス
予約(電話)
メニュー
大宮区天沼院048-642-4171
見沼区御蔵院048-681-1565
上尾院048-783-2422
草加院048-948-7308
フリーダイヤル0120-012-911
大宮区天沼院紹介
見沼区御蔵院紹介
上尾院紹介
草加院紹介

交通事故 むち打ち症 初期対応

2014.04.17 | Category: むちうち治療,むち打ち治療,交通事故の治療,交通事故治療,湿布

今日は御蔵院の四熊が担当します。

今回はむち打ちの初期の症状について書きます。


事故後のむち打ち症状としては

何種類かあるのですが、筋肉の損傷が多いのです。

他に新傾根の圧迫などですね。


むち打ち症状では初期症状は炎症症状がみられますが、

そのような場合の手当てとしてアイシングが有効です。


そして、この冷やすという事をしているか、していないかで

施術期間がずいぶん変わってくると言われています。


病院では湿布薬を処方してくれますが、

鎮痛作用と炎症を抑える為の血管収縮作用が目的なので

冷やすという面では意味をなしません。


貼ればヒヤッとしますが、メンソールの効用によって感じるものです。

そして、冷湿布と温湿布は貼ったときの感じは違いますが、効用は同じです。

どちらか好みで良いかと思います。


くまのみ整骨院

<天沼院>

さいたま市大宮区天沼町1-615

℡048-642-4171

 

<御蔵院>

さいたま市見沼区御蔵75-1

℡048-681-1565

お問い合わせ

トップに戻る