ホーム
各院へのアクセス
予約(電話)
メニュー
大宮区天沼院048-642-4171
見沼区御蔵院048-681-1565
上尾院048-783-2422
草加院048-948-7308
フリーダイヤル0120-012-911
大宮区天沼院紹介
見沼区御蔵院紹介
上尾院紹介
草加院紹介

さいたま市で整体治療なら くまのみ整骨院 > Blog記事一覧 > 未分類 > テニス肘、テニスをしていなくてもなるんです。

テニス肘、テニスをしていなくてもなるんです。

2013.05.11 | Category: 未分類

「テニス肘」と聞くと

 

テニスをしている人がなるものだと思いがちですが、

 

テニスをしていない方でも

 

実は「テニス肘」になるんです!(/・ω・)/

 

「テニス肘」は、外側上顆炎といって、


肘の外側から手首にかけての筋肉の炎症です。

 

症状としては

 

痛みや腫れ(はれ)、しびれなどの症状が出てきます。

 

テニスをしている人に多いため、「テニス肘」と言われるようになったんですね。

 

手首を固定したまま外側に反らせる動きが多い人がなるので、

 

デスクワークの方など

 

キーボードをたたいたり、マウスを操作したりしすぎると

 

テニスをしていなくても炎症を起こすことがあるんです。

 

ただ、

 

原因はパソコンだけには限りません。

 

重いカバンや、買い物袋を持つなどの

 

日常的な肘への負担も重なって炎症が起こります"(-""-)"

 

対策としては


常にキーボードやマウスを使うようにしてみましょう。

 

手首のにタオルを巻いたり、

 

手首の下に置くハンドレストグッズを使うようにして

 

手首をなるべく高くするように意識すると炎症も起きにくいですね。

 

これは、テニス肘になってしまった人にも有効ですよ!(^^)!

 

なってしまう前の予防として、なってしまってからの対策として

 

気を付けてみてください(^ω^)

 

担当 小安でした。

 

 

くまのみ整骨院

<天沼院>

さいたま市大宮区天沼町1-615

℡048-642-4171

 

<御蔵院>

さいたま市見沼区御蔵75-1

℡048-681-1565

お問い合わせ

トップに戻る