ホーム
各院へのアクセス
予約(電話)
メニュー
大宮区天沼院048-642-4171
見沼区御蔵院048-681-1565
上尾院048-783-2422
草加院048-948-7308
フリーダイヤル0120-012-911
大宮区天沼院紹介
見沼区御蔵院紹介
上尾院紹介
草加院紹介

自律神経失調症

まず初めに、下のチェック項目が何点当てはまるかチェックしてみて下さい。

  • めまいや耳鳴りのする時が多い
  • 立ちくらみを良く起こす
  • 胸が締め付けられる感じがある
  • 胸がザワザワする
  • 心臓が早くなったり、脈拍が飛ぶ
  • 息苦しくなる
  • 手足が冷える
  • 胃の調子が悪い時が多い(お腹がすかない・胸焼け等)
  • 下痢や便秘を繰り返す
  • 肩コリ、腰痛が治らない
  • 手足がだるい時が多い
  • 顔だけ、あるいは手足だけ汗をかく
  • 起床時から疲労感を感じる
  • 天候の変化に弱い
  • 突然すごく眩しく感じることがある
  • どんなに睡眠をとっても寝足りない
  • 怖い夢を良く見る、または金縛りにあう
  • 体調を崩していないのに咳が良く出る
  • 食べ物が飲み込みにくかったり、咽喉に違和感があったり、呂律が回らないときがある

0~1個 自律神経に問題なし
2~3個 自律神経に負担が掛かっているかも
4~6個 自律神経失調症の疑い
7個以上 できるだけ早く専門家に相談しましょう
2つ以上当てはまる方はそのまま続きの文を読み、くまのみ整骨院までご相談下さい。

自律神経失調症になると、原因の思い当たらない様々な症状が現れます。

身体に現れる症状

・慢性的な疲労     ・だるさ      ・めまい
・偏頭痛        ・動悸       ・ほてり
・不眠         ・便秘       ・下痢
・微熱         ・耳鳴り      ・手足のしびれ
・口やのどの不快感   ・頻尿       ・残尿感


精神的な症状

・イライラする      ・不安感       ・疎外感 
・落ち込み        ・やる気が出ない   ・憂鬱になる
・感情の起伏が激しい   ・焦りを感じる


自律神経失調症はなぜ色々な症状が出るのか?

自律神経は全身の様々な器官をコントロールしています。内臓の動きは勿論人間の気持ち(感情)の変動も起きます。その為、自律神経のバランス(交感神経・副交感神経)が崩れると全身のいたる所に支障をきたし、様々な症状が出現します。病院に受診され内科や整形外科等で検査をして異常所見が診られず、神経科、心療内科などの専門医を紹介され発見されるケースが多くあります。「自律神経失調症だから」と思い込んで放置してしまうと、自律神経失調症の早期発見を見逃してしまい重症化するケースや、症状が長引いてしまう事もあるので決して放置しないで下さい。

自律神経失調症の原因

症状が一人一人違うように、自律神経失調症の原因も一人一人違います。 自律神経の、交感神経、副交感神経のバランスが乱れるのには、様々な原因があると言われています。

生活のリズムの乱れ

一般的な生活リズムを無視したライフスタイルや社会環境が自律神経失調症を引き起こす。
例  夜更かし、夜型人間、夜間勤務や、不規則な生活習慣

過度なストレス

人間関係等による精神的ストレス、仕事等の社会的ストレス、環境の変化等、たくさんのストレスが蓄積することにより自律神経失調症になるリスクが高まります。

ストレスに弱い体質

子供の頃からなにかあるとすぐに吐く(気分が悪くなりやすい・緊張しやすい)。下痢をしやすい。自家中毒。環境が変わると眠れない。等生まれつき自律神経が過敏で弱い方もいらっしゃいます。また、思春期や更年期になってから身体が弱っている時に自律神経のバランスが乱れやすくなる方もいます。

ストレスに弱い性格

『NO!』と断れない。感情の処理が下手。気持ちの切り替えができない。人の評価、他人の目を気にする。人を信じるのが苦手。依存性が強い等、ストレスへの抵抗力が弱い傾向の方も自律神経失調症に陥りやすいです。

環境の変化

現代の生活環境は適応能力が衰えやすく、社会環境の変化や、人間関係、仕事などの環境の変化などへの不適応や過剰適応から自律神経失調症になる方もいます。

女性ホルモンの影響

女性は生きていく中で、一生ホルモンのリズムが変化し続けます。この変化で女性ホルモンが自律神経のバランスに影響を与えます。

自律神経失調症4つのタイプ~自律神経失調症には4つのタイプに分かれます~

本態性自律神経失調症

小児の頃からの元々の体質に原因があります。自律神経のバランスが乱れやすい体質のタイプです。
体力に自信がない体質の人や、低血圧の方に多く見られ、病院で検査をされても特に身体に異常は見つかりません。日常のストレスもほとんど関係しません。
このタイプの方は体質そのものに原因があり、体質を改善するために食事、睡眠、運動、休息等の生活習慣を見直していく必要があります。

神経症型自律神経失調症

心理的な影響(ストレス・トラウマ・その時の気分)が強いタイプです。自分の体調の変化に非常に敏感で、少しの精神的ストレス(緊張)でも体調を崩してしまわれる方です。
感受性が豊か過ぎる為、精神状態に左右されやすく、感情の移り変わりが引き金となり、身体に症状が現れてきます。

心身症型自律神経失調症

日常生活のストレスが原因です。先程までにあげた心と身体の両面に症状が現れるタイプです。
自律神経失調症の中で最も多く、几帳両で努力家、まじめな性格の方がよりなりやすいです。

抑うつ型自律神経失調症

心身症型自律神経失調症が時間と共に悪化、進行したタイプです。
やる気が起きない、気分がずっと沈んでしまっているという様な「うつ症状」が見られます。身体に出やすい症状は頭痛や微熱、だるさ、食欲がない、不眠等の症状が現れます。身体の症状とは別に裏に精神的なうつ症状が隠れている事もありますが、病院では身体の症状を改善する為の対症療法しか対処することができず、長い間不快な症状に悩まされる方が多くいらっしゃいます。几帳面な性格の方や、完璧主義のタイプの方が陥りやすいです。

自律神経失調症の治療法

症状・タイプ等により、身体と心の両面に働きかける治療、生活環境を整えるなどのことを行う必要があります。体質・性格・ライフスタイルの崩れにも注目して見直し、改善することが必要です。

くまのみ整骨院で行う治療とは?

くまのみ整骨院では『視診』『触診』『問診』を経て、自律神経失調症の疑いがある場合や、過去に診断された経験がある方の場合は
自律訓練法などによるセルフコントロール(考え方等)、カウンセリングなどの心理療法。
指圧やマッサージ、整体、鍼灸、ストレッチなどの理学療法。
自己管理によるライフスタイルの見直し。
とトータル的にサポートさせて頂きます。施術は勿論、心のケア、会話にも重点をおき患者様と全力で向き合わせていただきます。

具体的な治療内容として、くまのみ整骨院で推奨させて頂いておりますのは電気の治療を含めた治療です。
興奮した交感神経を落ち着かせるのでは無く、副交感神経に働きかけ、副交感神経を興奮させてバランスをとる理論です。
患者様の症状によって治療内容は異なりますので、お困り、お悩みの際はまず、くまのみ整骨院にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

トップに戻る