交通事故専門ダイヤル

土曜・日曜・祝日診療

交通事故後の怪我・リハビリ対応

腱鞘炎

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 親指を曲げるとズキンとする
  • 毎日仕事でパソコンを使っていると手首から腕にかけて痛む
  • 最近スマホを操作していると親指がしびれるようになった
  • 湿布しても全然痛みが取れない
  • 医師から指を使うなと言われたがそれは無理

腱鞘炎とは?|くまのみ整骨院グループ

「腱鞘」は筋肉と骨をつなぐ腱という線維を包んでいる組織で、それが腱と擦り合されて起こる痛みが「腱鞘炎」です。
腱は腕から指までの間に何本もあるため、腱によって親指だったり手首だったりと、痛みの部位が違います。

腱鞘炎には大きく分けて「狭窄性腱鞘炎(ドケルバン病)」と「バネ指(弾発指)」の2種類があります。

・狭窄性腱鞘炎(きょうさくせいけんしょうえん)
長母指外転筋腱と短拇指伸筋腱という手首から親指にかけてある腱が、炎症を起こします。
親指を動かすと親指側の手首が腫れたり痛みを感じたりします。
手の甲に生じることもあります。

・バネ指
指には靭帯性腱鞘と屈筋腱があり、これらの間に炎症が起こったのがバネ指です。
指を動かすとつけ根が痛みを発したり、スムーズに動かせなくなったり、バネのように指が弾けて伸びたりします。

腱鞘炎の原因とは?|くまのみ整骨院グループ

腱鞘炎は、手首や指に負担がかかり過ぎることで起こります。
パソコンやスマホを長時間操作したり、楽器の演奏やスポーツで握る動作が多い人、育児で手首に負担がかかりやすい状態が続いたりする人に多い疾病です。

また、妊娠中や更年期の女性にも発症しやすいことから、女性ホルモンとの関係もあると考えられています。

当院の腱鞘炎の改善方法とは?|くまのみ整骨院グループ

病院では、腱鞘炎の治療といえば湿布やテーピング、指のストレッチ、ステロイド注射などが主になります。
症状がひどい場合は腱鞘の切開手術を行なう場合もあります。

しかし、指や手首は常に使うものですから、そのような治療では一時的な効果しかなく、すぐに再発してしまうのです。

当院では、腱鞘炎は骨盤や背骨の歪みが大きく関係していると考えています。
実際、腱鞘炎の治療でいらっしゃる方のほとんどが、身体のバランスが悪くなっています。
姿勢が悪いままでパソコンやスマホを長時間操作したり、無理な体勢で運動や演奏、家事などを続けたりすると、肩甲骨やその回りの筋肉に負担がかかります。
その結果、肘や手首、指などにトラブルが起きやすくなるのです。

そこで、そういった方々には指や腕だけを診るのではなく、身体全体を矯正させる施術を行なっています。
骨格や筋肉を整えていくと、自然に伸びをしたり姿勢を正したりするようになり、身体のバランスを無意識のうちに調整する力が戻って来るのです。

手首や指、肘の痛みで悩んでいる方は、一度くまのみ整骨院にご相談ください。

さいたま市のくまのみ整骨院グループへのお問い合わせ

くまのみ整骨院 大宮区天沼院

院写真

詳細情報

  • 048-642-4171
  • メールでのお問い合わせ

くまのみ整骨院 見沼区御蔵院

院写真

詳細情報

  • 048-681-1565
  • メールでのお問い合わせ

くまのみ整骨院 上尾院

院写真

詳細情報

  • 048-783-2422
  • メールでのお問い合わせ

くまのみ整骨院 草加院

院写真

詳細情報

  • 048-948-7308
  • メールでのお問い合わせ

くまのみ整骨院 越谷駅前院

院写真

詳細情報

  • 048-940-5588
  • メールでのお問い合わせ

くまのみ整骨院 久喜駅前院

院写真

詳細情報

  • 0480-31-6666
  • メールでのお問い合わせ

くまのみ整骨院 大宮駅前院

院写真

詳細情報

  • 048-729-5614
  • メールでのお問い合わせ

Harisshu 川口駅前院

院写真

詳細情報

  • 048-446-7056
  • メールでのお問い合わせ

Harisshu 新宿西口院

院写真

詳細情報

  • 03-6908-6226
  • メールでのお問い合わせ