ホーム
各院へのアクセス
予約(電話)
メニュー
大宮区天沼院048-642-4171
見沼区御蔵院048-681-1565
上尾院048-783-2422
草加院048-948-7308
フリーダイヤル0120-012-911
大宮区天沼院紹介
見沼区御蔵院紹介
上尾院紹介
草加院紹介

今日は、交通事故予防deyですよ!

2013.09.20 | Category: 交通事故の治療,交通事故治療

昨日は、中秋の名月で

ステキな満月がみられましたね(^^)

 

みなさんも、ご覧になりましたか?

 

今日は、御蔵院の小安が担当です。

 

今日は20日。

くまのみ整骨院では「0」の付く日

交通事故予防dey」にしています!

 

いつもは、白衣の私たちも

「0」の付く日は

交通事故予防Tシャツに着替えてみなさんをお待ちしています。

001

 

そんな今日は

 

交通事故の被害者になってしまった方であれば

誰でも経験する「保険会社さんとの示談交渉」について、少しお話ししようと思います。

 

示談交渉とは、交通事故によって発症した症状に対しての治療を終わりにしましょう。(示談)

という交渉です。

 

もちろん、交通事故によって発症した痛みが完治しているのであれば、

示談交渉もなんら問題はありません。

 

ですが、交通事故によって発症した痛みが感知していないにもかかわらず、

保険会社さんから示談書が送られてくる場合があります。

 

例えば…

 

交通事故から治療から半年以上経過したので、治療は打ち切りたいと考えています。

追って、損害額計算書を送りますえので検討していただきたく思います。

そして署名捺印の上、返送していただきたく思います。」

 

と、上記のようなカンジですね。

 

このような時に、泣き寝入りをしないためにも

注意しなければならないことがあります。

 

示談交渉において「等級/請求」の順序で進めていきます。

 

等級の有無によって、損害賠償額も大きく変わりますし、

保険会社さんから、後遺症障害等級認定の説明を受ける権利もあります。

 

なぜなら、いまだに完治していない症状が、

後遺症障害に該当する可能性が含まれているからです。

 

署名捺印をしてしまうということは、「それで良いです」ということです。

後々、ヒドい後遺症に悩まされても賠償金を請求することができなくなります。

 

示談交渉は、未来の自分に大きくかかわってくるので

安易に承諾するのではなく、しっかり検討しなくてはいけませんね(~_~;)

 

くまのみ整骨院では

交通事故治療に関する相談も承っています。

 

万一の時はくまのみ整骨院にご相談下さいね!(^^)!

 

くまのみ整骨院

<天沼院>

さいたま市大宮区天沼町1-615

℡048-642-4171

 

<御蔵院>

さいたま市見沼区御蔵75-1

 ℡048-681-1565

お問い合わせ

トップに戻る