ホーム
各院へのアクセス
予約(電話)
メニュー
大宮区天沼院048-642-4171
見沼区御蔵院048-681-1565
上尾院048-783-2422
草加院048-948-7308
フリーダイヤル0120-012-911
大宮区天沼院紹介
見沼区御蔵院紹介
上尾院紹介
草加院紹介

さいたま市で整体治療なら くまのみ整骨院 > Blog記事一覧 > 健康 > 骨粗しょう症と歯周病 ~一緒に予防!~

骨粗しょう症と歯周病 ~一緒に予防!~

2013.03.28 | Category: 健康

骨粗しょう症……

誰でも何度か耳にしたことのある名前ですよね。

これは、骨密度の低下(骨量の減少)により、骨がスカスカになってしまう病気です。

女性ホルモンは

骨量の減少を抑えているのですが

更年期になると、

そのホルモンが急激に減少するため

ホルモンバランスが崩れるため

更年期以降の女性は特に骨粗しょう症になりやすいと言われています。

歯周病……

これも、良く耳にすることが多いですよね。

これは歯周病菌という菌に感染した結果、

歯の周囲が炎症(歯周炎)を起こし、

悪化させると、

歯を失ってしまう恐れのある病気です。

骨粗しょう症と歯周病

なんら関係のなさそうな2つの病気ですが、

歯周病治療が骨粗しょう症の治療になる可能性があるんだとか!!(@_@;)

愛知学院大学歯学部付属病院で行われた研究で、

歯周病の治療を受けている患者さんを対象に2つの病気の関係性を調べたそうです。

その結果、

骨粗しょう症の症状のある患者さんには、

治療の必要なほど歯周ポケットが深い、

歯肉からの出血が多く見られるなどの症状がみられたそうです。

一方では、

骨粗しょう症の症状がありながら、その治療を受けていない患者さんもいます。

ですが、

歯周病の治療を続けて、良好な状態にコントロールすることで

骨粗しょう症の進行も抑えることができたという患者さんもいるそうです。

骨密度の低下は、

骨粗しょう症だけでなく、

歯を支える歯槽骨の破壊にも繋がり

歯が抜けるリスクも高くなります(>_<)

予防としては、

カルシウムやビタミンDなどを多く摂ること!

最近の日本人の日常の食事だと

カルシウムは不足がちな栄養素の一つなので

いろいろな食材から工夫して摂るようにしたいですね(^^)

くまのみ整骨院

<本院>
さいたま市大宮区天沼町1-615
℡048-642-4171

<御蔵院>
さいたま市見沼区御蔵75-1
℡048-681-1565

 

歯周病…
 

お問い合わせ

トップに戻る