交通事故専門ダイヤル

土曜・日曜・祝日診療

交通事故後の怪我・リハビリ対応

スタッフブログ

腰を寝違えた!?起床時の痛みの原因や対処方法とは

腰を寝違えた!?起床時の痛みの原因や対処方法とは

「朝起きたら腰が痛くて起き上がれない…」という経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。寝方が悪いと、腰に負担がかかって寝違えてしまうことがあります。

起床時の腰の痛みがひどくなると、起き上がるのもつらくなってしまうため、あらかじめ予防策を知っておくと安心です。

今回は、腰を寝違える原因や対処法、さらに寝違えを予防する方法について紹介します。

腰の寝違えってある?原因は?

そもそも腰の寝違えは、首や肩、ひどいときには背中にまで症状が現れ、体の広範囲にわたって負担をかけてしまいます。朝起きて腰が痛いなと感じるときは、首や肩なども寝違えている可能性があるため、注意が必要です。

また、「少し痛いかも…」で済むなら良いですが、場合によっては起き上がれないほどの激痛を伴うことがあります。

寝違えの主な原因は、睡眠中に不自然な姿勢になっていたり、寝返りが少なかったりすることが挙げられます。同じ姿勢のままずっと寝ていると血行不良になり、血液の循環が滞ってしまうことで腰に痛みが出てしまうのです。

また、寝返りが少ない場合は、筋肉も動かないので凝り固まってしまい、炎症を起こすことで腰や背中に痛みが生じます。このように、寝ている間に筋肉が動かないせいで、血流が滞ったり、筋肉が収縮したりすることによって、腰の寝違えと呼ばれる痛みが起こってしまうのです。

一度寝違えると、痛みを感じにくくなった後もまた繰り返してしまう場合もあるので、そうならないように対処をしなければなりません。

腰を寝違えた場合の対処法

寝違えてしまった場合はすぐに対処しなければなかなか痛みが引きません。自分でできる対処法にはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、寝違えたときに自分でもできる対処法を紹介します。

安静にする

寝違えたときは痛みが激しいため、中には起き上がることができない人もいます。この場合は、安静にすることが何よりも大切です。

起き上がれないほどひどい場合は、無理に起き上がらずに楽な姿勢を取るようにします。また、寝違えた腰を伸ばせば治るというものでもありませんので、無理にストレッチなどをしないようにしましょう。

無理に伸ばすことで、患部だけでなくほかの部分にも負担がかかり、別の痛みを引き起こすリスクもあります。必ず無理はしないよう体を休めておきましょう。

患部を冷やす

ひどい痛みを感じた場合は、患部をいち早く冷やすことが大切です。しっかりアイシングをするために、アイシングパックや保冷剤、氷などを使って冷やしましょう。

まずはそれらの冷却材を15分程度患部に当て、外して2時間ほど安静にし、またアイシングをするという工程を繰り返すのがおすすめです。

そして、患部を温めてはいけません。患部を温めてしまうと、炎症反応が起きてしまうおそれがあるので、注意しましょう。

整骨院でプロの施術を受ける

適切な処置をしてもなかなか痛みが取れない場合は、整骨院で施術を受けることもひとつの方法です。処置が間違っていた場合は痛みが長引くこともありますので、なるべく早めにプロの施術を受けましょう。

寝違えによる腰の痛みに悩んでいるなら、くまのみ整骨院へご相談ください。

くまのみ整骨院の施術メニューは、マッサージや整体、鍼などが主なメニューです。ぎっくり腰や腰痛など腰のトラブルについても、丁寧なヒアリングを行う中で根本的な原因を探りながら解決へと導いています。

くまのみ整骨院は、予約優先で施術をしていますので、お待たせすることもありません。また、女性スタッフも在籍しているため、女性の方でも安心して施術を受けることができます。さらに、キッズスペースも用意しているのでお子様連れでも安心です。

なかなか改善しない痛みは、自己判断で処置をせずにまずはくまのみ整骨院にお任せください。

腰を寝違えないための予防法

腰を寝違えてしまったときはすぐに対処しなければなりませんが、そもそも腰を寝違えないための予防法はあるのでしょうか。

今回は、寝違えを防止するための予防法について紹介します。

寝姿勢を工夫する

寝違えを防止するには、普段の寝姿勢を工夫することが大切です。中でも、仰向けで膝を立てる寝姿勢なら、骨盤に負担がかかりにくいので痛みの予防が期待できます。

仰向けで足を伸ばしたまま寝ると、骨盤が引っ張られて負担がかかってしまうため、膝を立てて膝の下にクッションや枕を置いた状態で寝るのがおすすめです。そうすれば、骨盤が引っ張られず、正常な位置のままで寝ることができ、負担もかかりにくくなります。

また、横向きで丸まって寝る姿勢もおすすめです。仰向けで膝を立てる方法と同様に、横向きで丸まって寝ることで骨盤が引っ張られず、正常な状態で寝ることができます。姿勢を維持し、より自然な姿勢で寝るためには、足の間にクッションなどを挟むと良いでしょう。

寝具を見直す

先述したとおり、寝返りの回数が少ないことで筋肉が凝り固まってしまうと寝違えが起きてしまいます。そのため、寝返りを打ちやすいような寝具を使うことが重要です。寝具の良し悪しは人によって異なるため、普段使っている寝具が自分に合っているかを確認しなければなりません。

特に腰の寝違えの予防には、マットレスが重要です。寝る際は、仰向けになったときの背骨がS字状にカーブすることが理想的な寝姿勢としていわれています。しかし、合わないマットレスを使っていると、正しい寝姿勢をキープすることが難しくなり、寝返りも打ちにくくなります。

柔らかすぎるマットレスは体が沈んでしまうので寝返りを打ちにくく、逆に硬すぎるマットレスは正しい寝姿勢が保てず、体が痛くなってしまうのです。

そのため、柔らかすぎず、硬すぎないマットレスを目安に、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

まとめ

今回は、腰を寝違える原因と対策、予防法について紹介しました。腰の寝違えは、寝返りが少ないことや長時間同じ寝姿勢による血行不良などが原因で起こってしまいます。寝違えを予防するには、寝具や寝る姿勢を改善することが大切です。

万が一寝違えて、安静にしても痛みが改善しないのであれば、いち早くプロの施術を受けるのがおすすめです。くまのみ整骨院なら、寝違えの原因を把握したうえで、一人ひとりに合った施術で対処していきます。

経験と知識が豊富なスタッフがそろっているため、ぜひ一度くまのみ整骨院までご相談ください。

さいたま市のくまのみ整骨院グループへのお問い合わせ

Harisshu 新宿西口院

院写真

詳細情報

  • 03-6908-6226
  • メールでのお問い合わせ

池袋東口院

院写真

詳細情報

  • 0120440051
  • メールでのお問い合わせ

Harisshu 川口駅前院

院写真

詳細情報

  • 048-446-7056
  • メールでのお問い合わせ

くまのみ整骨院 北浦和駅前院

院写真

詳細情報

  • 0120440051
  • メールでのお問い合わせ

くまのみ整骨院 大宮駅前院

院写真

詳細情報

  • 048-729-5614
  • メールでのお問い合わせ

くまのみ整骨院 大宮区天沼院

院写真

詳細情報

  • 0120440051
  • メールでのお問い合わせ

くまのみ整骨院 見沼区御蔵院

院写真

詳細情報

  • 0120440051
  • メールでのお問い合わせ

東大宮院

院写真

詳細情報

  • 0120440051
  • メールでのお問い合わせ

蓮田駅前院

院写真

詳細情報

  • 0120440051
  • メールでのお問い合わせ

くまのみ整骨院 久喜駅前院

院写真

詳細情報

  • 0480-31-6666
  • メールでのお問い合わせ

くまのみ整骨院 アリオ鷲宮院

院写真

詳細情報

  • 0120-440-051
  • メールでのお問い合わせ

くまのみ整骨院 上尾院

院写真

詳細情報

  • 048-783-2422
  • メールでのお問い合わせ

くまのみ整骨院 イオンモール上尾院

院写真

詳細情報

  • 0120-440-051
  • メールでのお問い合わせ

アリオ上尾院

院写真

詳細情報

  • 048-729-7821
  • メールでのお問い合わせ

くまのみ整骨院 ウニクス鴻巣院

院写真

詳細情報

  • 0120-440-051
  • メールでのお問い合わせ

川越駅前院

院写真

詳細情報

  • 0120440051
  • メールでのお問い合わせ

ふじみ野院

院写真

詳細情報

  • 0120440051
  • メールでのお問い合わせ

くまのみ整骨院 越谷駅前院

院写真

詳細情報

  • 048-940-5588
  • メールでのお問い合わせ

くまのみ整骨院 草加院

院写真

詳細情報

  • 0120440051
  • メールでのお問い合わせ

新三郷院

院写真

詳細情報

  • 0120440051
  • メールでのお問い合わせ

   コーポレートサイト

  • スタッフ募集
  • 採用パンフレット
  • スタッフブログ
  • エステサロンのサイトはこちらから